舞踏靑龍會
Butoh Seiryukai

原田伸雄主宰 / Superintendence : Nobuo Harada

舞踏家。舞踏青龍会主催。河合文化教育研究所研究員。笠井叡の『丘の麓』(1972年/客演・大野一雄)を観て舞踏の持つ劇薬のような混沌に触れ、演劇から舞踏に転身。1972年〜79年、笠井叡の主催する「天使館」に参加。独立後、1980年に東京で舞踏靑龍會を結成。現在、福岡を拠点に女装せる益荒男舞踏家として、即興舞踏を追求、芸術と反芸術の境界線上を滑稽かつシリアスに往還中。 大野一雄、笠井叡の即興舞踏の系譜を継ぐ

コロナ問題が一段落するまでには最低でもあと一年はかかります。長期戦です。過剰に恐れること無く、決して侮ること無く、対策を心掛けながら冷静に対処して参りましょう。(靑龍會主宰:原田伸雄)

2月の稽古・ワークショップのお知らせ

BUTOH WORK SHOP舞踏講座
◇ 2月26日(金)
 ①14:00~16:00
 ②16:30~18:30
◇ 2月27日(土)
 ③11:00~13:00
 ④14:00~16:00
◇ 3月1日(月)
 ⑤11:00~13:00

アトリエ定例稽古
日曜稽古は、7日、14日、21日
月曜稽古は、1日、8日、15日、22日

2月 アトリエ公演
「肉体の四季・舞踏曼荼羅」-奇魂(くしみたま)の景- のお知らせ

アトリエ連続公演「肉体の四季・舞踏曼荼羅」-奇魂(くしみたま)の景-をプログラム構成を検討し運営態勢を整えた上で2月28日(日)に予定通り開催いたします。また、公演前後には恒例の舞踏講座(講師:原田伸雄・藤條虫丸)を開講します。
緊急事態宣言の延長された現在の状況を鑑み、公演の観客席およびワークショップの受講人数を絞っています。観劇またワークショップへの参加を検討される際は、下記の案内をご確認の上で必ず事前の問い合わせをお願いいたします。
□ 期日:2月28日(日)
□ 開演:15時(14時半開場)17時20分 終演予定

「肉体の四季・舞踏曼荼羅」-奇魂(くしみたま)の景-

□ 期日:2月28日(日)
□ 開演:15時(14時半開場)17時20分 終演予定
<第一部>
◇ Shone Underson (ロンドン) / 舞踏
「道端で待っているスフィンクス」
 - 3分間の換気タイム -
◇ 野瀬瑠美 (福岡) / 舞踏
「かわたれ」
 - 3分間の換気タイム -
◇ シンキミコ (福岡) / 舞踏
「ミチユキ -天神森の段-」
---- 休憩 (10分)----
<第二部>
◇ 藤條虫丸 (屋久島) / 舞踏
「極私的肉体詩・玉子」
 - 3分間の換気タイム -
◇ OddRooming(福岡) / 舞踏・法竹
「嵐か、丘」
 - 3分間の換気タイム -
◇ 大村憲子と舞踏土佐派 (高知) / 舞踏
「渚にて」

PAGE TOP