舞踏靑龍會
Butoh Seiryukai

原田伸雄主宰 / Superintendence : Nobuo Harada

舞踏家。舞踏青龍会主催。河合文化教育研究所研究員。笠井叡の『丘の麓』(1972年/客演・大野一雄)を観て舞踏の持つ劇薬のような混沌に触れ、演劇から舞踏に転身。1972年〜79年、笠井叡の主催する「天使館」に参加。独立後、1980年に東京で舞踏靑龍會を結成。現在、福岡を拠点に女装せる益荒男舞踏家として、即興舞踏を追求、芸術と反芸術の境界線上を滑稽かつシリアスに往還中。 大野一雄、笠井叡の即興舞踏の系譜を継ぐ

コロナ問題が一段落するまでには最低でもあと一年はかかります。長期戦です。過剰に恐れること無く、決して侮ること無く、対策を心掛けながら冷静に対処して参りましょう。(靑龍會主宰:原田伸雄)

8月のアトリエ定例稽古

アトリエ定例稽古 / 合同稽古
月曜稽古は、2日、9日、16日
日曜稽古は、3日、10日、17日

8月のワークショップ・公演

合宿稽古の案内

8月のアトリエ定例稽古・ワークショップの日程をお知らせします。舞踏教場・小倉は5か月ぶりに再開が可能になりました。
8月23日(日)はアトリエ公演「肉体の四季」-壮月野分ノ章-を、従来の定員25名のところを約3割減の定員18名で開催致します。(詳細後日)
これに伴い公演を挟んだ前後の8月21日(金)から24日(月)にかけて原田伸雄(舞踏青龍会主宰)と藤條虫丸(フィジカルポエッツ主宰)を担当講師とする舞踏ワークショップ(全6回)を行います。詳細は以下をご覧ください。

PAGE TOP